おまんこ 入り口
退出する

特報おまんこ・おまんことは?の秘密に迫る


おまんこ ←詳しく見たい人の為のサイトです。


男にとって一番興味が集約される場所であり、全ての探求心が注がれる場所。それは世界の秘境?宇宙?深海?いえ、それは
おまんこなのです。まんこって短く言う場合もありますよね。人間において男女の違いは胸の大きさや体格などさまざまな違いがありますが、一番の違いといえば生殖器の違いと言っても良いでしょう。さまざまな生物において雄と雌が存在し、生殖器の違いがあります。
そしてそのほとんどの生き物の女性器の謎と言うのは解明されていないのです。
当サイトではそういったお勉強的な視点から
おまんこと言うものを解明していきます。そしてもちろん男性の方の為に動画や画像をたっぷりご用意しています。下半身も元気になってさらにお勉強もできちゃう当サイト。是非たっぷり遊んでいってください。

大陰唇
大陰唇(だいいんしん)とは、女性の外陰部における、脂肪組織に富んだ左右一対の襞のことで、内部にある生殖器と尿道口を保護する役割を持つ。 左右大陰唇の間にある、縦に裂けた溝を「陰裂」と言う。左右の大陰唇が前方で合うところを「前陰唇交連」、後方で合うところを「後陰唇交連」と言う。

また、大陰唇の内側にあるひだを「小陰唇」と言う。

大陰唇は、発生上は男性の「陰嚢」と同じであり、陰嚢の中央に縦に走る縫線は、左右大陰唇が癒着した痕跡とも言える。思春期以降、大陰唇の外側には陰毛が生じるが、これは陰嚢についても同様である
陰核
女性性器の上部にある器官で、非常に敏感である。クリトリスの大部分は体内にあり、男性のペニス同様、海綿体組織である細長い陰核体および陰核亀頭から成る。

大きさ
成人女性では、陰核体の上端から陰核亀頭先端までの長さは通常3 - 5センチほどであるが個人差が大きく、稀な例では幼小児のペニス程にもなる。陰核体から左右の陰唇内部に続くやや大きな海綿体組織もクリトリスの一部と見なす考え方もあり[要出典]、その場合は全体で10センチ前後の比較的大きな生殖器官という事になる。
陰核亀頭
陰核亀頭は小陰唇が合わさる所にあり、性感を得る陰部神経終末が高密度に分布しているため性感帯である事が多い。陰核亀頭の色はピンクから暗褐色までさまざまであり、性的興奮により変化する。陰核亀頭のサイズは個人差があるが、成人女性で5 - 7ミリ位。
陰核亀頭と包皮の間には恥垢がたまりやすく、不潔にしておくと炎症を起す事がある。

哺乳類ではメスの子宮から体外に通じる管状の器官であり、交接器と産道を兼ねる。また、膣の開口部(膣口)は、外陰部に位置する。鳥類やいくつかの爬虫類および単孔類など一部の哺乳類における膣は、総排出腔(=総排泄腔)であり、昆虫、無脊椎動物においては、卵管(=輸卵管)の末端部である。ヒトにおいては女性器の一部である。酸性成分に満たされており、膣内に射精された精子も約99%が死滅するほどである。



小陰唇
(しょういんしん、labia minor)は女性器の一部で、陰核包皮と連続するように始まり、尿道口と膣口の両脇にあるヒダ状の薄い肉びら。女性が性的に興奮していない時は、左右の小陰唇が閉じて尿道口や膣を守っている。しかし、性的に興奮すると小陰唇の血流がよくなり肉びらが膨張し、左右に大きく開く。この時、膣内および膣口が膣分泌液(バルトリン氏腺液やスキーン腺液)によって濡れている事が多く、男性器の挿入を容易にする。



Gスポット
膣壁前方上部の小さな領域からさらに場所を特定すると恥骨の直下にある、女性の尿道海綿体のことである。一般に膣に中指を全て入れて第二関節を曲げた周辺にある場合が多い。そこには、スキーン腺(小前庭腺)という分泌腺がある。スキーン腺は発生学的には男性の前立腺に相当するので、(女性には存在しないが)女性の前立腺という名称で呼ばれる場合もある。

日本では名古屋市立大学の渡仲三名誉教授が電子顕微鏡を使って、Gスポット周辺に知覚神経を発見した。また、2008年にはイタリアのラクィラ大学(University of L'Aquila)の研究グループが「確かに存在するが、全員に備わっているわけではない」とする研究報告をイギリスの科学誌・New Scientistに発表している[1][2]。

この場所は雄が後ろからのしかかって交尾する際に刺激される部分であり、チンパンジーの場合のこの部位に刺激を受けるとわずか5秒後に子宮の収縮が起こりその収縮は1分程続く

サイト紹介














アクセスランキング